もう勝負ついてるから。

~次世代系無職マガジン~

今こそM-1王者とろサーモンへの思い入れを語ろう

f:id:hyo-ta:20171208154636j:plain

こんばんは、寿司屋で1番食べるのはガリ。氷太です。

オレは歌でも漫画でもそうなんだけど、特定の人を好きになったりはしないタイプ。

例えば安室奈美恵の特定の曲は好きでも、別に安室奈美恵自体は好きじゃない。

分かるかな~この感覚・・・。

この次元の話に付いて来れるかい?( ^ω^ 三 ^ω^ )ヒュンヒュン

 

まあ一言で言うとタダの凄く面倒くさい人間なんだけど、とろサーモンだけは例外。

ずっとずっと好きだった。 

そんなとろサーモンが、遂に遂にM-1王者になった。

今日はそんなとろサーモンの事を語っていくよ。

 

オレの知っている とろサーモン

f:id:hyo-ta:20171208154745p:plain

とろサーモン プロフィール|吉本興業株式会社

当時斬新だった“すかし漫才”

とろサーモンはM-1王者になって脚光を浴びたわけではない。

むしろデビュー当初からかなりの認知度を関西では得ていた。

そのスタイルは今までになかったすかし漫才

 

ボケは久保田、ツッコミは村田と役割分担はあるものの、あえてボケを拾わずツッコミすら入れないという斬新な手法だった。

当時の漫才を見ていた人は一度はこう思った事があるだろう。

これはいじめられっこといじめっこの漫才だと。

 

漫才は笑いに偏りが生まれやすい。

ウン、ゴメン。「お前一体どこからお笑いを見ているの?」って空気になってるね。

 

あくまでこれはオレの持論なんだけど、漫才を見ててよく思うんだよ。

ボケが面白すぎてツッコミが只の合いの手になってしまっているコンビ。

ボケは全然面白くないけれど、ツッコミによって笑いが生まれているコンビ。

結局それが上手く行ってる事になるのかもしれないけど、違和感を感じる事が多々あるんだ。

 

でもとろサーモンは違っていて、2人の笑いの均衡が非常に取れていた。

漫才の力量は凄まじく、いくつものお笑い賞レースを総なめにする。

また劇場でも、先輩芸人を差し置いてTOPクラスの人気を誇っていた。

テレビの露出こそ多くはなかったものの、確実に売れるコンビになる勢いがその当時はあった。 

 

それでも決して天狗になる事もなかった

実は昔、オレはツッコミ担当の村田さんと会った事がある。

当時のすかし漫才を見ていて感じていた印象は超オラついてるお兄ちゃん。

街中でバッタリ会って少しでも粗相をしようものなら、もう大変。

菅原文太ばりに「お前、誰なら」と至近距離で言われそうなイメージだった。

 

当時オレがしていた仕事は接客じゃなく、接待をする仕事。

超大御所芸人の奥様に連れられ、何人かの芸人の中に村田さんが居た。

そしてその場の応対を任され「終わった——。」とスラムダンクのゴリのような心境で席に着いた。

しばらくすると、オレの持っていたイメージとは全く違う事が分かった。

・・・全然オラついてないやん——。

 

非常に気配り上手な方だという事が分かった。

それと同時に、芸人の世界って本当に厳しいんだなと思った。

その超大御所の奥様の立ち振る舞いは正に女王。

かのマリー・アントワネットですら、パンもケーキも食べずに空腹で過ごすレベルだ。

 

大御所の奥様と言うと西川ヘレンが思い浮かぶかもしれないけど、違うからね。

ヘレンさんはそんな人じゃない、会った事ないけど。

 

どれだけ無茶な要求をされても、どれだけ横柄な態度をとられても。

まるで水を勧めているかのように酒を一気飲みさせられていても。

村田さんはニコニコと笑い、気を張って周りへの気配りを絶やさなかった。

 

そんな村田さんに当時のオレは何をしてあげられたかと言うと・・・。

あ・・あっー!凄い・・・あ・・あっー・・・凄い。」 

と芸人の世界の厳しさに圧倒され、リアクションを取るしかできないクソ給料泥棒だった。

 

いやもうホント凄かったんだよ・・・!!

オレも炭酸水一気とか今までアホみたいな事させられたけど、そんな次元じゃないんだよ。

細木数子と大仁田厚とお食事会したら、きっとこうなるんだろうなって感じ。

地獄に堕ちながら電流爆破デスマッチしているような光景だった。

 

当時20歳のオレには何もしてあげる事ができなかった。

今ならその大御所芸人の奥様にビンタするくらいできるんだろうけどね。 脳内でね。

それでもオレに何かできる事はないだろうか——。

そう思い実行したのは、あろうことか村田さんにサインをねだる事だった。

 

完全に私利私欲です、本当にありがとうございました! 

頭の中、ハッピーセットかよと言われても何もおかしくない。

批判を甘んじなくても受け入れなきゃならないレベルだ。 

 

でもねぇ、村田さん。心よくサインしてくれたんだよねぇ・・・。

オレの財布にマッキーでさ・・・。 

「これからも頑張ります!」ってニコニコしながら財布を返してくれたっけ・・・。

嬉しかったなぁオレ、本当に応援したいって思ったもの。

今はもうサイン消えちゃったけど、あの時の思い出はこれからも消えないよ(←気持ちが悪い

 

その後は多数ネタ番組に出演するものの・・・

ネタ番組が関西には多いから、そこでは凄く活躍していたんだけど・・・。

何故かバラエティ番組で見る事はなかったんだよなぁ。

コレは何故ゆえ?何故に?WHY?ほんと分からなかった。

 

あと一歩の所でブレイクするハズなのに、あと一歩が程遠い。

笑いの能力とは別に、運も必要なんだなとぼんやり思った。

だって、面白いんだよ?人柄も良いんだよ?

 

久保田さんだってお辞儀する時深々と頭を下げたり、トーク力も凄いんだよ?

もうこのラジオだって何回聞いたことか。

www.youtube.com

 

これからのとろサーモンに期待

これから飛躍していくんだろうなぁ、とろサーモン。

インディーズからメジャーに移ったバンドのファンの心境がちょっと分かった気がする。

今まではタダの情緒不安定じゃねーか!とバカにしてたけど、ちょっと切なさもある。

嬉しい気持ちの方が凄く大きいけどね。

オレも無職じゃなくなったら、切なさを感じてしまう人が居るんだろうか?

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain
f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain