もう勝負ついてるから。

~次世代系無職マガジン~

往復22㎞のジムに入会したオレはバカなのかどうか判定して欲しい。

f:id:hyo-ta:20170924182615j:plain

こんばんは、後ろ姿はイケメン氷太です。

オレは太ってるわけではないんだけど、年齢的な問題なのか下っ腹がポッコリしている体系。

「う~ん・・・痩せなきゃダメかなぁ」と思いつつ、特に何もして来なかった。

それどころかこの洋ナシのような下っ腹に愛着すら抱いていた。

 

毎日風呂上りに餅つきするように叩く。

下っ腹が呼応するかのようにブルブルと揺れる。

ああ・・・楽しいな・・・・。

こういう気持ちを人は『生きててよかった』と表現するのだろうか。

うん、絶対に違うねせやね。

 

未だ照明が届いていないため、夜になると真っ暗になるこの部屋。

そんな環境下で連日過ごしていると、どんな人間でも気づくハズだ。

風呂上りに月明りを便りに、楽しそうに下っ腹を叩くオッサン。

オブラートに包んでも完全に頭オカシイ。

1人暮らしを初めて2週間くらい経って、やっと気づく事ができた。

 

痩せなきゃ・・・この腹とお別れしなきゃ・・・!!

食事制限も考えたんだけど・・・。

まずオニギリも満足に作れないテメーの料理スキルを何とかしろやって話なので断念。

やっぱ脳筋単細胞らしく、体を動かさなきゃなー。

そう考えて、ジムを探す事にした。

オレはこうやってジムを選んだ

有名なジムを選ぶべき?

f:id:hyo-ta:20170924205525p:plain

もしかしたら関西圏に限定されるのかもしれないが・・・。

オレの知っている有名所はザッと以下のようになる。

  • ゴールドジム
  • コナミスポーツ
  • JOYFIT24
  • ティップネス
  • Anytime fitness

こんな感じかな。

 

オールタイムでの利用を考えると、料金もそう変わりはないだろう。

通いやすい営業時間・充実した設備・そして立地の良さ。

大手と言われるだけあって、さすがとしか言いようがない。

この中から選んでおけば間違いないだろう。

 

だが大手ならではの弊害もある。

知り合いが会員である可能性もあるという事だ。

 

現にゴールドジム・JOYFIT24・Anytime fitnessにはオレの知り合いが潜んでいる。

「フギギギギ・・・!!」とベンチ上げる時、「ガンバレ(笑)」と言われる所を想像する。 

イヤアアアアアアアアアアアアアアアッ!!

考えただけで顔が真っ赤になる。

考えただけで手がグーになる。

 

そういういかにも「努力してます」って姿勢を、あんまり人に見せたくない。

忍んで努力したい面倒なお年頃

それだけじゃない、もう1つ大手を選ばなかった理由がある。

格闘技もやりたいからだ。

 

格闘技とフィットネスを併せ持ったジム 

これがホント意外と少ない。

エクササイズレベルのレッスンのあるジム。

気持ち程度のフィットネス設備があるジム。

こういうのはわんさかある。

 

だがオレが求めているのはそういうジムじゃない。

屈強な体、更なる力を与えてくれるジムだ・・・。

一気にこの記事が汗臭くなったが、構わず進んでいこう。

 

格闘技ジムとしての側面もあり、フィットネスジムとしての側面もあるジム。

探して見た所、3件程マッチするジムが見つかった。

総合格闘技を始めとして様々な格闘技の講座がある。

コレはいい・・・!!

 

総合や柔術も中々捨てがたいが、オレは打撃系の格闘技がしたい。

ん~どれどれと調べてみると、問題が発生する。 

内2件は打撃系格闘技はキックボクシングだという事だ。

 

キックボクシング?それはムリなお話だ。

だってボク、股関節固いもの。めっちゃ固いもの。

ミドルキックも怪しいレベル、どう考えても向いてない。

 

対して残り1つのジムの打撃系の講義を見ると『ボクシング』の文字がある。

ここや・・・!!

ワイの運命のジムはここや!!

交通費を調べてみると片道580円らしい。

 

往復で1000円超える・・・だと!?

f:id:hyo-ta:20170924171816p:plain

 

これはムリだよ、出せねえよ・・・。

往復1160円だろ?

週3~4日通うとすると・・・月に15000円くらいか。

ランチパック一体何個買えるんだよ・・・。

 

チャリで通うとどれくらいになるかと調べてみたら片道11㎞の模様。

「片道11㎞って・・・楽勝じゃね?」

安易にそう考え、入会手続きの予約を電話でする。

 

入会日当日

思ったよりも早く到着した、所要時間およそ50分ぐらいだろうか?

早速だが超絶後悔している。

ママチャリなのかマウンテンバイクなのか、ハッキリしない自転車のせいなのか・・・。

それとも無職生活がたたって、体力が激減しているのか・・・。

理由は分からないが、ジムに到着した段階で息が切れる・足がパンパンだ。

 

格闘技漫画でよくある「へへ・・・膝が笑ってやがるぜ・・・!」なんて言う元気もない。

っていうかそれを言う相手もいない。

つーか膝だけじゃなくって、肘まで笑ってやがる・・・!!

 

こんな状態で・・・ボクシングとか・・・バカじゃねぇの・・・? 

そう思いつつジムの事務のお姉さんに言われるがまま書類にサインをしていく。

帰った方がいい、止めておいた方がいい。

それは分かっていたんだけど、予約してここまで来ておいてその選択を取る事はできなかった。

 

そんなオレの様子を察したのか事務のお姉さんが

「あの・・・今日からのご利用・・・ですか?」と語りかけてきた。

 あに言ってんだオメーはよ!当たりめーだろが!!

今日からオレの伝説を見せてやるぜ!!

 

と言いたいのは山々だが、即答で「いえ、次回からで」と答えた。

いやコレちょっとムリぃ!!

ちょっと早めに行って、小一時間くらい休憩してから臨んだ方がいい・・・!

こうしてオレの記念すべきジム初日は、入会して即帰るで終わった。

 

帰り道 

あまりにもしんどくて、自転車をいったん走らせる事を止めた。

ダメだ・・・体力が持たない・・・!!

「何か上等な肉を食わなければ・・・。」

そう思い立ち、松屋にしゃれ込んだ。

 

松屋行くと、大学時代の事思い返すなぁ・・・。

あの時は毎日毎日学業に励まず、バイトとスロットばっかしてたっけ・・・。

 

あの時のオレに語り掛ける。

「オレは少しは成長してるかい?」

あの時のオレはこう返事を返してきた。

「むしろ退化してんじゃねーかカス^^」

 

松屋のキムカル丼のおかげか、オレがドMのせいなのか、急激に元気が出てきた。

無事家に帰ると、風呂にも入らず速攻で爆睡した。

おかげ様で朝起きた時、シーツがガチで臭かった。

ちなみにまだ洗ってない。

 

まとめ

ジムを選ぶ際、よくネットでこう書かれているな?

通いやすい場所にある事が大事だと。

 

マジで完膚なきまでにそう思うよ。

マリー・アントワネットも民に晩餐を振る舞うレベルで。  

ただねー、やっぱ条件は妥協しちゃいけないと思うんだ。

 

オレの場合はボクシングを学べて、フィットネスも充実してるジム。

やっぱボクシングって己の拳だけが頼りって感じで、職人みたいでカッコいいじゃん?

まぁオレの股関節の可動域がもっと広かったら、キックボクシング選んでたと思うけど。

足も使えた方が絶対に良いやん?

 

まあこんな下っ腹もビックリするくらい、ブルブル揺れているオレのポリシーだけど・・・。

でもやっぱ良い事もあると思うんだよ。

 

チャリンコ乗ってると、速攻で下っ腹も引っ込むと思うんだよね。

あと往復22㎞をチャリンコ漕いで通う頭オカシイ根性のある奴って中々居ないと思うんだ。

必然的に鍛えられるであろうこの下半身は、ボクシングを学ぶにおいていずれ役に立つと思う。

 

そう信じて、今日も頑張ってきます。

目指すぜ!まずは1週間を目途として!!(消極的

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain