もう勝負ついてるから。

~次世代系無職マガジン~

ヨドバシカメラで初めて家電製品を値切った結果www

f:id:hyo-ta:20170916123030p:plain

こんばんは、エターナルニート氷太です。 

非常に規則正しく、充実した生活を大阪で送っているよ。

1日がホントあっという間に終わる。

 

引っ越してアレが足りないコレが足りないと、毎日買い物に出かけております。

んんー!!生きてるぅっ!!

 

特にほぼ毎日通っているのが、ヨドバシカメラ マルチメディア梅田。

ここがオレにとっての偉大なる航路の最終地点。

正にこの世の全てが詰まっている。

f:id:hyo-ta:20170916122741p:plain

 

まるで「御機嫌よう」と、大正時代の淑女の如き微笑を浮かべながら館内を闊歩する。

そして野獣のように血走った目で、目ぼしい商品を物色する。 

蝶のように舞い蝶野正洋のように刺す、コレがオレのヨドバシスタイル。

時代よ、早くオレに追いついて来い。

 

この時のオレに近づくと火傷するぜ!?
f:id:hyo-ta:20170915230024p:plain

 

お客様、商品が心配なので
失礼ですが排除させて頂きます。
f:id:hyo-ta:20170915230116p:plain

 

だがいかんせんオレは、現在進行形で絶賛無職中。

少しでも財布の紐をキュッと結んで置きたい。

そこでオレは考えた。

ヨドバシカメラって、一体どれくらい値切れるんだろう?と。

 

オレは今まで家電量販店で値切った事は1回もない。

今日はそんなド素人が、ヨドバシカメラマルチメディア梅田館で値切った時の事を書いていく。

普段から値切りを行っている人からすると、ごく当たり前の事かもしれない。

 

だがオレは大変に感銘を受けた。

結論から言うと、多分誰にでも値切れる。

少しでもこれから家電製品を買う人の役に立てば幸いだ。 

ちょっと回りくどいけど、時系列を追って書いて行くよ!

ヨドバシカメラでの値引き

まず洗濯機を購入する

早速だが値切り交渉をスッカリ忘れていた。

ああ、企画倒れも甚だしいな。

全く頭から抜け落ちていた。

 

自分に合う洗濯機はコレだ――!!

そう意気込んで来店したっていうのに、どこにもお目当ての機種がない。

ちなみに欲しかったのは型落ちの東芝のZABOON

 

だが25万くらいする最新機種しか置かれていないヨドバシカメラマルチメディア梅田。

この時は正直言って地獄に落ちろ、カス野郎!と思っていた。

哀愁漂うオレの姿を見かねたのか、店員さんがオレの要望を聞き他機種を紹介してくれた。

 

値段は予算をオーバーしてるけれど、かろうじて非五体満足の致命傷で済む範囲。

恐らくオレの身なりから、出せる額ギリギリを見極めた結果この機種になったのであろう。

確かに音声案内、ホームクリーニング、静穏、洗濯槽クリーンと充実した機能が揃っている。

 

唯一の欠点が色だ、表記上ではゴールドとされているが・・・。 

どう見てもヤニがこびり付いた色にしか見えない。

だが最後の1点との事で、他の色は選べない。

 

悩んでいると「洗えない衣類の消臭もできて、とてもオススメですよ!」と説明する店員さん。

もしかして遠まわしに「クセーんだよ!!」と言われてるのか・・・?

確かにパンツは2日変えてないので異論はない。

ちょっと傷つきながらも、オレにベストな洗濯機と判断し購入する事にした。

 

あまりに想定外の出来事と、的確な店員さんの応対に値切りの事はスッカリ忘れていた。

だがここでアクシデントが起こる。

オレはすぐにイケイケドンドンになるタイプだって事だ。

 

混み合っているからか、「すこし手続きに時間がかかります。」と告げられる。

「他にも何か買うか・・・。」と頭がオカシイ状態になっていた。

 

次にダイソンのコーナーにいく

掃除機を思い付いた貴様、浅い・・・浅いぞ!

オレは掃除はホウキとチリトリで何とかすると心に決めている。

ここで見ていたのはダイソンの空気清浄機だ。

 

ハッキリ言って、お高い(小並感

だがこの機種のブラック/ニッケルのカラーが、オレを虜にしてやまない。

他の機種も吟味した結果、コイツに決め購入カードを抜き取る。

 

さて、此処からがオレの腕の見せ所だぞ!と思いきや。

この売り場、店員さんが居ない。

あんでだよ!配置しとけよ!もうお昼休憩は終わってるだろ!?

 

コイツの性能に関してはまた後日レビュー記事を投稿する。

だが予め伝えておこう。

完全に選択ミスだった・・・あ、商品自体は凄く良いんだけどね。

 

そしてエアコンを買いに行く

以前、心頭滅却で真夏も真冬も乗り切るというお話をしましたね。

 

9月でこの暑さなら、絶対にムリィッ!!

冬は余裕で乗り越えられると思うんだ、オレ今まで-15℃くらいの所で過ごしてたから。

でも真夏は逆に無理だって・・・。

 

とはいえどのメーカーにどういう特色があるのか全く分からない。

エアコンを買うつもりはなかったので、全然調べて居なかった。

ちなみにオレの部屋の間取りはこんな感じになっている。

f:id:hyo-ta:20170916090420p:plain

 

エアコンは青く丸を囲んだ部分にしか取りつけられない。

どう考えても冷暖房が和室に行き届きません!本当にありがとうございました!!

この中で、基本的に過ごす場所は2.7帖のPCルーム・・・。

最低でも、12帖のリビングと2.7帖が冷えれば良い。

 

つまり購入すべきなのは14帖から18帖タイプ。

ただ確か電圧が100Vの物件なので、14帖しか選択できない。

いや・・・それとも工事して貰って18帖タイプにした方がいいのか・・・?

ダメだ、全く分からない。

 

そんな中、パナソニックの14帖タイプのエアコンが頭1つ抜きん出て安かった。

しかも機能も充実している・・・なぜ?

分からない事だらけなので、店員さんを召喚する。

応じたのは新卒かってくらい若い店員さんだった。

 

部屋の間取りを見せ、14帖と18帖どっちが良いのかを聞く。

設置方向と仕切りの関係上、18帖タイプ購入してもあまり効率的ではないとの事だった。

14帖タイプでサーキュレーターで風を送り込むのがベストらしい。

 

そして100Vと200Vの違いを聞く。

電気効率が違うので、100Vの方が若干電気代が上がるかもしれないとの事だった。

上がるではなく上がるかも、なので多分その差は微々たるものなんだろう。 

 

最後に何でこのエアコンだけこんなに安いのかを聞く。

在庫数と売れ行きによって、値段は上下する。

安いからと言って性能は劣っているわけではなく、むしろ狙うべきエアコンだとの事。

 

特にオレの部屋は、風向自動調節機能はあった方が良いらしい。

 

フム、厨ニかよってくらい「プラズマクラスタァー!」と連呼する割には有能な店員のようだな。

よし、コイツに決めた!!

値切り交渉をする

恐らく1番やりやすい交渉は『比較』だろう。

他店の金額、価格ドットコムの金額を店員に見せ、強制的に値下げさせる方法・・・。

 

だがオレはこの手法が大嫌いなんだよなぁ。

オレが店員なら、まず間違いなくこう思っている。

ならそこで買えばよくね? ってね。

飲食店で勤務してた人間なら、この気持ち何となく分かると思うんだ。 

 

お店に対する敬意を全く感じない。

これが賢いやり方であるというのであれば、オレは愚かで構わない。

誰に何と言われようとも、この手法は個人的に絶対に使いたくない。

オレにできるのは・・・これしかない!!

 

「すいません!値引きをお願いできませんか!?」

どうだ、真っ直ぐだろう?人は真っ直ぐな言葉に心動かされるもんなんだよ!

と思いきや、店員さんは困惑しているようにしか見えない。

オレってこんなに時代に置き去りにされてたんだぁ(白目 

 

「そうですねぇ・・・今充分お値打ちな価格になってますからね・・・。」

凄く申し訳なさそうにしている店員さんを見て、オレは何をしているんだと正気に戻った。

「あ、いいんですよ。確かにエアコンも凄く安いですしね・・・!」

「では合算を算出致しますので、コチラでお待ち下さい。」

「分かりました。」

 

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した・・・!!

シュタインズゲートの阿万音鈴羽のような心境で状態で待つ。

www.youtube.com

こうして、オレの人生で初めての値切り交渉は幕を閉じた。

 

かに見えた。

 

「お待たせ致しました~!!」と店員さんが戻ってくる。

「合算金額はコチラになります。」とオレに値段を見せる。

 

アラッ!?思ったより結構安いんだけど!?

f:id:hyo-ta:20170916202159p:plain

 

「申し訳ございません!価格ドットコムでお調べした所、当店よりも安い店舗がございましたので金額を見直させて頂きました。」

各個別の割引額を提示してくれる店員さん。

 

え?・・・調べたの?

わざわざ、オレのために?

オレ、別に価格ドットコムの事なんて何も言ってないのに・・・。

 

 

「最安値にさせて頂きました。コチラの料金で、是非ご購入お願い頂けませんでしょうか?」 

凄いなぁヨドバシカメラって・・・。

 

そりゃあこんな大規模な企業になるわけだ。

安くしてくれた上に、是非ご購入お願い頂けませんでしょうか?だよ?

値引き云々じゃなくって、この姿勢って凄く素晴らしいと思わないか?

 

ここで「だが断る!」って言えたら、またブログ向けのネタが出来上がるんだろうけれど・・・。

ここでここまでしてくれた気持ちを裏切るの事は、オレにはできない。

「ありがとうございます、凄く嬉しいです。是非お願いします。」

胸が一杯で、そう伝える事で精一杯だったよ。

 

まとめ

いや~、非常に気持ちの良い買い物だったね。

予想外の大出費だったけど、使って良かったなって心から思えるもん。

こんな気持ちになったの、生まれて初めてかもしれない。

しかも翌日の朝から配送・設置OKっていうのには驚いたわ・・・!!

 

多分値切り倒そうと思ったら、テクニックが必要なんだろうとは思う。

ある程度でも構わないのであれば、直球で大丈夫。

ただ気をついて欲しいのは、相手も人間だって事。

値切って貰って当たり前って姿勢だと、それはきっと叶わないかもしれない。

 

ともあれ本当にありがとう、対応してくれた各売り場の店員様共よ。

そしてヨドバシカメラマルチメディア梅田館よ。

大事に大事に使って行きたいと思います!

 

また行くね!週1で!!

f:id:hyo-ta:20170916205425p:plain

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain