もう勝負ついてるから。

~次世代系無職マガジン~

超ブラック企業の秋山木工が労働基準法違反にならないただ1つの理由

f:id:hyo-ta:20170703233742p:plain

非効率的な仕事ぶり、充実しない私生活、ノンキャリア社畜リーマン氷太です。

ある日唐突に上司が「秋山木工って知ってる?」と問いかけて来た。

ため息が出た。

「プスー」。

バスが発車する時のようなため息だった。

 

バカにすんのもいい加減にしろって。

毎日ニュースはちゃんと見てるぜ?

社会情勢には勿論気を払ってる。

それなりの見識は持ち合わせてるつもりだ。

あまりオレを見くびらない方がいい。

 

分からなかったので素直に「何ですかソレ」と聞く。

すると「丁稚制度」という制度を用いて、朝から晩まで働く超絶ブラックな会社だと教えてくれた。

「オレ達の会社がピッコロだとすると、この会社は悟空だ・・・敵わない。」

そう仰った。

この人、何と戦いどこに行こうとしてるの?

 

ざわめく気持ちを抑えつつ、上司の話に耳を傾けていると

「この会社、何で労基入らないの?」と質問してきた。

・・・そんなバナーナ。

上司の教えてくれた内容が確かだとするならば、労基が1度も入った事ないなんてオカシイ。

教えてくれている内容に誤りがあるのか、それとも法の抜け道があるのか・・・。

コレは自分の目で事実確認をする必要がありそうだ。

 

「念入りに調査しますので、少々お時間を頂きます。」

刑事ドラマに出てくる敏腕オペレーターのように、オレはそう言い放った。

上司はその言葉を聞くと満足げに頷き、オレに背を向けコツコツと3歩程歩くと無言で親指を立てた。

その様子を見てオレは心の中で中指を立てた。

秋山木工とは 

f:id:hyo-ta:20170703233751p:plain

創業1971年、社員数34人で年商13億円を叩き出す神奈川県横浜市に拠点を置く家具製作会社だ。

謳い文句は百年でも二百年でも使える家具。

その技術は確かで有名ホテル・高級ブランド店、迎賓館や国会議事堂、宮内庁でも採用される程。

 

正に木工を極めし一流の家具職人の集団と言っても過言ではないだろう。

並大抵の努力ではこのような頂きに到達する事はできないハズ。

だがそんな一流の技術を身に付ける為に重ねる修行が、超ブラック過ぎてワロタンゴwwな内容だった。

 

秋山木工が採用している徒弟制度・丁稚制度

秋山木工では8年間の研修制度を設けている。

6年目〜8年目で職人。

2年目~5年目までが丁稚。

 

え?2年目~5年目で丁稚?

じゃあ1年目は一体・・・・?

さすが秋山木工、斜め上を行っていた。

1年目は『丁稚見習い』という意味が分からない階級になる。

『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』かっつーの。

ロス・アメリア・ユアンかっつーの。

 

事の問題

  • できる職人ではなく、できた職人を
  • 技術40%人間性60%

という信念から職人としての心構えや生活習慣、木工技術を団体生活の中で学んでいく訳なんだが・・・。

1日の流れがかなり過酷だ。

作業内容

  1. 朝5時前に起床、朝食作り
  2. 町内マラソン
  3. 工場や近所を掃除
  4. 8時の朝礼、職人心得30箇条を全員で唱和
  5. 業務開始、職人の手助けや荷物運び、工場の掃除をする
  6. 業務終了後、夕食を作り
  7. 夕食後、レポート作成や自主練習を行う
  8. 23時、就寝

あ、オレ多分20分も持ちそうにない。

どこのPL学園だよ・・・・。

23時に就寝して、朝5時起床すんの!?

これを何年もやらなきゃいけないの?

上司の仰っていた通りだ。

ガチだな・・・この会社は。 

ビル・ゲイツもPC捨てて裸足で逃げ出すレベル。

 

ちなみに5時前のマラソンは町内1周2キロの距離を、およそ15分程かけて走るそうだ。

意外だった。

2キロ15分ってめっちゃ優しいな。 

そこらの小太り丸眼鏡でもクリアできそう。

アスリート並のタイム求められるのかと思ってた。

 

秋山木工が丁稚に課す10のルール

f:id:hyo-ta:20170703233759j:plain

秋山木工では、上記の労働環境下に様々な制約を設けている。

こちらだ。

  1. 自己紹介がきちんとできないと入社できない
  2. 入社したら男も女も全員坊主になる
  3. 携帯電話は禁止。連絡手段は手紙だけ
  4. 家族と会えるのは、盆・正月の帰省時のみ
  5. 親からの仕送り・小遣いは禁止
  6. 研修期間は、恋愛は絶対禁止
  7. 起床は5時前、マラソンからスタート
  8. 食事はみんなで作る。好き嫌いは一切禁止
  9. 仕事はじめは、掃除から
  10. 朝礼で職人心得30箇条を唱和

当然かなって部分が1つもないんだが?

強いて言うなら9番くらいか?

職人になる為に本当に必要なの?と思ってしまうような、理不尽な部分が多すぎる。

 

 

職人心得30箇条

1、挨拶のできた人から現場に行かせてもらえます

2、連絡・報告・相談のできる人から現場に行かせてもらえます

3、明るい人から現場に行かせてもらえます

4、まわりをイライラさせない人から現場に行かせてもらえます

5、人の言うこと正確に聞ける人から現場に行かせてもらえます

6、愛想よくできる人から現場に行かせてもらえます

7、責任を持てる人から現場に行かせてもらえます

8、返事をきっちりできる人から現場に行かせてもらえます

9、思いやりのある人から現場に行かせてもらえます

10、おせっかいな人から現場に行かせてもらえます

11、しつこい人から現場に行かせてもらえます

12、時間を気にできる人から現場に行かせてもらえます

13、道具が整理されている人から現場に行かせてもらえます

14、お掃除、片付けの上手な人から現場に行かせてもらえます

15、今の自分の立場が明確な人から現場に行かせてもらえます

16、前向きにことを考えられる人から現場に行かせてもらえます

17、感謝のできる人から現場に行かせてもらえます

18、身だしなみのできている人から現場に行かせてもらえます

19、お手伝いのできている人から現場に行かせてもらえます

20、自己紹介のできる人から現場に行かせてもらえます

21、自慢のできる人から現場に行かせてもらえます

22、意見が言える人から現場に行かせてもらえます

23、お手紙をこまめに出せる人から現場に行かせてもらえます

24、トイレ掃除ができる人から現場に行かせてもらえます

25、道具を上手に使える人から現場に行かせてもらえます

26、電話を上手にかけることができる人から現場に行かせてもらえます

27、食べるのが早い人から現場に行かせてもらえます

28、お金を大事に使える人から現場に行かせてもらえます

29、そろばんのできる人から現場に行かせてもらえます

30、レポートがわかりやすい人から現場に行かせてもらえます

日本が昔から続けてきた徒弟制度や、職人魂というものをもう一度、見直す必要がある・・・ : 医師が薦める本物の健康住宅 WEB版

長いね、読む気しないね。

スクロールした貴様の為に、分かりやすく一言で言うと

雑用とコミュニケーションのレベルが高い程、次のステップへ進めますよ

って事だ。

朝礼で唱和する30箇条がこれだ。

少し洗脳のような感じもするが、個人的にはこの30箇条の内容自体は特に思うところはない。

ただこれだけの事をさせておきながら、なぜ労働基準法に引っかからないのか?

社会問題になってもおかしくはないハズなんだが・・・。

『丁稚制度』という部分に何かカラクリがあるんだろうか?

 

そもそも丁稚制度って何?

f:id:hyo-ta:20170703233807p:plain

丁稚(でっち)とは、商家に年季奉公する幼少の者を指す言葉。職人のもとでは弟子、子弟とも呼ばれる。

丁稚 - Wikipedia 

給料とかあるんだろうか?

まさかあるよね?

奉公とはいえ人間だもの。

丁稚には給与は無く、衣食住が保障されたのみであった。

丁稚 - Wikipedia

・・・おい誰かウソって言ってくれへん? 

f:id:hyo-ta:20170630142344p:plain

 

いやでもコレは前時代的な風習だろ?

さすがに秋山木工では給料あるっしょ?

寮費や食費とかを天引きして、手元に入る額は手取り3万円らしいです。
しかし道具やら何やら強制的に買わされるらしいので、実質無給

秋山木工とかいうカルト企業。こういう所で働く「期待値」は大マイナスです。 | パチスロ第9地区

どう考えてもアウトじゃねーか!

秋山木工いい加減にしろ!!

 

じゃあ何故だ、何故労働基準法に引っかからない・・・!?

秋山木工の公式HPを調べてみたところ、衝撃の事実が判明した。

この丁稚制度、学校扱いだった。

 

秋山学校

f:id:hyo-ta:20170703233815p:plain

既に述べている通り、秋山木工の丁稚制度は8年制のもの。

これは全て学校のカリキュラムのようになっている。

どうやら一般社団法人のようだ。

なるほど、コレで「秋山学校」とかいう曖昧な学校名なのか理由が分かった。

ここが自己顕示性が強く見受けられる秋山社長らしくないなと思ってたんだ。

 

学校法人ではないので「秋山木工専門学校」等の具体的な表示はできない。

とはいえ一般社団法人での教育機関は、認可こそされないものの教育を行う事のできる正式な組織だ。

ただ在籍している子達は学生としての恩恵を受ける事はできない。

学割とか通学定期割引とかね。

 

法人の括りを無視すれば、今は亡き東電学校のようなものか。

労働を対価に報酬を得るのではなく、学びながら報酬を得るといった仕組みになっている。

東電学校は結構なお給金発生するけど。

 

そりゃあ労働基準法違反にならないわけだ。

雇用契約を結んでいないのだから。

あくまで学生なのだから。

労働を課しているわけではないので、最低賃金も守る必要性がない。

丁稚であるから良い、ではなく学生だから良いという仕組みだったんだな。

 

社長へのインタビューの中にあった言葉

「本人が嫌だと言って家に帰っても、親がここに連れ戻すんです」

だったかな?

本当に危ない会社なんだなと思った。

美談に酔いしれ、批判には目もくれないような精神論に溢れたワンマン振りが伺える。

 

ただ腑に落ちない点がある。

2年目からは「入社」、風邪を3回引いたらクビと表記している点。

学生に「入社」という表記はおかしくないだろうか?

「クビ」という表記は適切ではないと思うんだが・・・?

 

学校という体裁を採っていたとしても、実態的に「労働という概念」があるのであればそれは労働ではないだろうか?

丁稚制度などと単に聞こえの良い昔の風習を利用しただけの、「労働を行わせる学校」に過ぎないんじゃないだろうか?

とはいえここで認可の降りていない、一般社団法人の学校であるという部分がストッパーをかける。

学校教育法の縛りは適用されない。

 

まとめ

かなり練られたシステムだと思う、コレは外部の人間にはどうしようもできなくないか?

労働法の縛りも、学校教育法の縛りも受けにくいこのシステム。

まるで合法的な社畜製造工場じゃないか。

打ち破るには内部の丁稚自身の声を聴くのがベストなんだが・・・。 

携帯電話の所持が禁じられているんだよなあ。

 

とはいえ立派な職人になりたいと願い、内情を知って尚覚悟を決め秋山木工で学ぼうとしているならば何も言うまい。

オレはただの一般庶民、部外者でしかないのだから。

 

以上の事を上司に報告する。

「学校という体裁を採っている為、労働基準法に当たらないようです。ただしいつ内部告発されてもおかしくない内容です。」

そう伝えると

「そうか・・・」と言いガラっと窓を開け風に当たる上司。

「未来の職人に幸あれ・・・。」

そう呟く上司を見て、蹴りたい背中ってこういう事を指すんだなとぼんやり思った。

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain