もう勝負ついてるから。

~次世代系社畜マガジン~

モー娘。を懐古しながら俺的にベストなハロプロの曲10選するぜ!

f:id:hyo-ta:20170703213140p:plain

こんばんは、髪が脂ぎってる氷太です。

YOUTUBEでホラーゲーム実況を見るのが日課。

ある日あなたへのオススメとしてモーニング娘。の曲が出てきた。

 

「ああ・・・モー娘。見てた時のオレって輝いてたっけ・・・」

と懐かしい楽曲を聴きながら、当時の事を思い出していたんだが

そんな事は全然なかったぜ!!

振り返って改めて思った。

オレの人生は全体的にくすみまくっている。

モーニング娘。を懐古する 

ただモー娘。って曲だけで問うと名曲らしい名曲は少ないって印象。

ハロプロ全体だと結構あるんだけど・・・。

『Memory 青春の光』くらいかな、今でも曲単体で考えた場合脳裏に残ってるのは。

どう考えてもこの曲は至高、別格だ。

www.youtube.com

曲やダンスが優れていたわけではなく、各メンバーの輝きが全てだったイメージ。

 

それにしてもモー娘。×うたばんの組み合わせは非常に素晴らしかった。

笑いを取るのが難しいメンバーもいない事はなかったけど、総じてバラエティーに向いているアイドルが揃っていたもんな。

www.youtube.com

 

特に好きだったのは・・・やっぱり中澤姉さん。

f:id:hyo-ta:20170703235138p:plain

美貌、リーダーシップ、そして極めて高い笑いの能力。

モー娘。がバラエティーでもイケたのは中澤姉さんの功績は非常に大きい。

4分45秒~の姉さんのキレのある返しは芸人でも難しいと思う。


19990909 うたばん_2/3 モーニング娘。 後藤真希初登場回

 

石黒も実は笑いのクオリティーめっちゃ高かったんだよな~。

f:id:hyo-ta:20170703235147p:plain

うたばんのゴマキからのくだりは盛大に笑わせて貰った。

2分30秒~の石黒に注目して欲しい。

この当時の中居君の雑なフリを、察知して応える対応力よ。

多分、当時三十路だったら1番好きだったのは石黒だったのかなと思う。

これからって時に脱退しちゃったのがとても残念。

 

あと圭ちゃんかな。

f:id:hyo-ta:20170703235155p:plain

圭ちゃんはほんと頑張ったと思う。

アイドル顔とは言えない為よく汚物扱いされても耐えてたもんな。

キレイなんだけどね。

歌唱力・ダンス共にTOPレベル、汚れ仕事も厭わない正にモー娘。の縁の下の力持ち。

www.youtube.com

 

とはいえだ。

この輝かしい時代しかオレは知らない。

5期メンバー加入以降の曲もメンバーも知らないのだ。

 

そもそも4期メンバーの加入で、モー娘。に対する思いが薄れかけていた。

モー娘。って1万2万という大規模なオーディションから、片手で数えられる程の人材しか勝ち残れないもの。

その選び抜かれた原石は、それはそれは高貴なものであって普遍的なものではないハズだ。

 

ところが・・・。

あまり言いたくないのだが、新垣と小川の加入にオレの中での『モー娘。神話』が崩れさった。

「サーセン、オレの幼馴染の方が可愛いレベルなんだが?」

オイ、つんく。ちょっとこっち来いつんくと。

コレは原石じゃなくってただのゴローニャじゃねーかよと。

ビジュアルだけが全てではないと言われればそれまでなんだが、ビジュアルは前提要素だろう。

 

そして5期メンバーも相変わらず。

選ばれたのは田中・道重・亀井の3人。

過去のオーディションに比べると明らかに輝きの見えない3人だった。

ここで完全にオレの中でモーニング娘。はアイドルじゃなく、ただの人の集まりに変貌してしまったんだ。

 

冷ややかな目で、オレの知らないそれ以降の時代のモー娘。の曲を聴いた。

どう考えても全盛期超えているクオリティの曲があった。

偏見に満ちていた自分をぶっ飛ばしてやりたくなった。

でもオレは自分に甘く他人に厳しいがモットーの人間、痛いのでそれは止めた。思うだけにした。

長々となってしまってすまない。

では5期メンバー加入以降のモー娘。の曲を含んで、ハロプロ内で最強だと思う楽曲を挙げていく。 

 

俺的にベストだと思うハロプロの曲TOP10 

10位 T&Cボンバー 『HEY! 真昼の蜃気楼』


T&Cボンバー 『HEY! 真昼の蜃気楼』

疾走感・歌唱力、そして挑戦的でパワフルなパフォーマンス。

過小評価されすぎなグループだと今でも思う。

売れていたには売れていたのだが、どう考えてももっと売れていなければオカシイ。

ガナリ声がヤバイ。

 

9位 モーニング娘。 『女子かしまし物語』 


モーニング娘。 『女子かしまし物語』 (MV)

こんな曲があったとは知らなかった。

モー娘。メンバーについての解説曲・・・のようなものだろうか。

曲だけ考えるともっと他に良い曲はあるのだが、PVと組み合わせた時の威力が凄まじい。

豪華だなぁ・・・の一言に尽きる。

5分くらいから亀井絵里ちゃんの部分になるのだが、9秒後彼女の表情が

「真顔 aa」の画像検索結果

 こんな感じ一瞬なっているのがツボwww

 

8位 DEF.DIVA  『好きすぎて バカみたい』


[PV] DEF.DIVA 1st - 好きすぎて バカみたい

安部なつみ・後藤真希・ 石川梨華・松浦亜弥で構成されたユニット。

衣装・ダンス共に非常にクソださいのが玉に傷。

とはいえここまで豪華なユニットはないだろう。

今までは「石川ってホントどうにもならん程のクソ音痴だな、可愛いけど」

といった感じだったのだが、この曲を聴いてオーディションの時につんくが言っていた 

「石川の声の特殊性」がド素人のオレにも分かった。

 

7位 モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』 


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

2分10秒辺りに注目して欲しい。

なんや・・・この動けるデブ太ましい子は・・・!

とクギ付けになること間違いなし。

全然名前知らない子ばかりだけど、この子はめちゃめちゃ光る物がある。

エンターテイメントの才能が溢れている。

弾けるような笑顔が眩しい。

ビジュアルは万人受けするとは決して言い難いが、この曲自体この子の為にあるようなそんな感じがする。

 

6位 7AIR  『壊れない愛がほしいの』 


7AIR - Kowarenai Ai ga Hoshii no

垢抜けてないけど歌唱力が光る高橋愛。

セクシーな魅力溢れる石川梨華

大人の女性のジレンマを体現する里田まい。

人の持つ力強さと弱さを声に乗せる大谷雅恵。 

素晴らしさ半端ない。

サイドを固める新垣・ミカ・稲葉も申し分ないんだが・・・。。

でもコレ稲葉さんの無駄使いじゃね?

 

5位 モーニング娘。 『なんちゃって恋愛』


モーニング娘。 『なんちゃって恋愛』 (MV)

こんな良い曲を知らずに生きてきたのか俺は・・・。

明日このPVの入りのような哀愁を漂わせて会社行こう、ウン。

この『なんちゃって』って部分が溜まりませんねぇ!!

愛ちゃんと言うよりも、田中れいなと新垣里沙の歌唱力が冴え渡っているように感じる。

あと道重かな~、下手下手って聴いてたけど石川みたいに特徴あって良いと思う!!

恋愛って単語を仕事に、女の子って単語を社畜に置き換えると非常に胸に染みる。

私でもなれるかしら、本物に(ムリです

 

4位 あか組4  『赤い日記帳』


あか組4 - 赤い日記帳 (Akai Nikkichou)

冒頭のダニエルの登場からもうやばい。

ラスボスが間違って、初めに登場してしまったようなそんな感じがある。

恐れ多くて動画閉じたくなる、オシッコ漏れそうになる。

コレは本当にアイドルグループの曲なのかよと思ってしまう。

正直ゴマキに関して特別思い入れもないのだが、特筆なのは感情移入し過ぎて涙を流す中澤姉さん。

このプロモーションをテレビでやってた時、夢中で見てたっけ・・・。

 

3位 松浦亜弥  『LOVE涙色』


松浦亜弥 - LOVE涙色 [PV]

この時ってあやや一体何歳なの?

当時はオレも子供だったから「歌上手いな~」なんて印象なかったけど、今改めて聴くとやっぱりすんばらしく上手。

オーディションにこの曲が審査曲として選ばれてたんだけど、「皆クソ下手だな」って思ってた当時の自分を滅したい。

皆が下手だったんじゃない、あややが上手すぎたんだわな。 

 

2位 『宇宙でLa Ta Ta / 太陽とシスコムーン』 


宇宙でLa Ta Ta / 太陽とシスコムーン

T&Cボンバーの改名前の名義でナンバー。

このPVの絶妙なダサさ、70年代を彷彿させるディスコ調の曲。

これプロのアーティストでも容易に歌えないって。

正に世の中に埋もれている名曲だと思う。

この曲ですら10万枚いかなかったんだもんなぁ・・・。

どうかしてるぜ!!

 

1位  モーニング娘。『気まぐれプリンセス』


モーニング娘。『気まぐれプリンセス』 (Dance Shot Ver.)

改めてモー娘。にクギ付けにさせたきっかけの曲。

アラビアーンな感じがいいな~と思いきや・・・。

何だこのセンターの子のキレキレなダンスは・・・!!

と驚愕し、調べてみると名前は「亀井絵里」。

オレがパッとしないと判断した5期メンバーの1人。

f:id:hyo-ta:20170703235212p:plain

 

f:id:hyo-ta:20170703235219p:plain

 

こっちの動画見ると分かるけど、亀井絵里ってこんなに美人さんになったんですか!?

こんなに全てにおいてレベルの高い子だったんですか!?


モーニング娘。 『気まぐれプリンセス』 (MV)

 

この曲はそれだけに留まらない。

もう1つは新垣里沙の表現力だ。

「その魅力の胸元」「好きなように絡んで」の部分、やばない?

こういう声を何て表現するんだ?

力強さ、いや違うな。

上品なドスの効いた声・・・いやこれも違う!!

そりゃ凄まじいアンチもファンに転向するわ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今でもハロプログループを最前線で追っている猛者の方からすると、「もっと良い曲がある!」とお叱りを受けるのかもしれないが・・・。

今の全盛期のモー娘。ばかりを追っていた俺からすると、これがベスト10なんだ。

とりあえず見てくれたまえ。

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain