もう勝負ついてるから。

~次世代系社畜マガジン~

流水パワーを活かした世界初『1台4役』のシャワーが誕生!

f:id:hyo-ta:20170615065931p:plain

どうも、油断すると体が臭くなる氷太です。

シャワーはただ、体を洗い流すもの。

そういう固定概念ってあると思います。

いや~凄い、人間って凄いなぁ。

久々に魂が震えましたね。

まさかシャワーでこんな事ができるようになるなんて・・・。

Vibratherm(ビブラテルム)マルチプルシャワー

マルチプルシャワー誕生の経緯

長野県茅野市 ビブラテルム株式会社がクラウドファンディングで支援を募ったシャワー。

シャワーヘッド内を通過する流水を何かに活かせないかと考え、2年間試行錯誤されたそうです。

その結果誕生した1台4役という機能が功を奏したのか、無事支援は成功した模様。

f:id:hyo-ta:20170615060041p:plain

 

ちなみにビブラテルム開発者の宮澤さん曰く、クラウドファンディングで支援を募ったきっかけは

『ガイアの夜明け』を見たから。

・・・可愛いな宮澤。

いやでもコレ、確かに凄く画期的な商品だと思います!

 

マルチプルシャワーの1台4役機能

  •  シャワー機能
  •  ボディブラシ機能
  •  マッサージ機能
  •  角質ケア機能

この4役になります。

ボディブラシは個人的には不要ですが、マッサージ機能と角質ケア機能は嬉しい。

冬場のかかと、剣山かってくらいささくれるんだもの。

あと心のささくれを取ってくれる、アタッチメントみたいに都合の良い人も募集中です!

 

商品紹介ページに各アタッチメントの画像がありました。

f:id:hyo-ta:20170615061237p:plain

https://www.makuake.com/project/vibratherm/

 

片側がシャワー面、そしてもう片面がアタッチメントになっています。

マッサージ、ちゃんと丸み帯びてて気持ち良さそうやん!!

でもちょっと待って、1つツッコミを入れさせて頂きますね。

 

「シャワーもできる!!」って当たりめーだろバーロー!!

だってシャワーだもの!

シャワーできないシャワーっておかしいだろ!?

 

ただここで1つ疑問が。

たかだかシャワーの流水で、マッサージやボディブラシで洗える程の振動が生まれるのか?

という点です。

 

角質ケアはまあ・・・想像に難くないんですが・・・。

特に疑問なのがマッサージ。

本当に可能なのかい?

 

マルチプルシャワーの構造

f:id:hyo-ta:20170615062626p:plain

このシャワーを製作するに当たって、水車の原理に着目したそうです。

『流水駆動』ってヤツですね。

このマルチプルシャワーにおける『流水駆動』に関して、以下のように説明されています。

 

シャワーヘッド内部に内蔵された流水フィンに対して通過する流水をジェット噴射させ高速回転する回転軸を応用し、接続するアタッチメントを作動させる 

 

簡単に言うとシャワー内にあるフィンを、小さな穴から強く出てくる水の力を利用して 高回転させてアタッチメントが機能する・・・という事ですね。

 

ちなみにアタッチメントによってフィンの回転速度が違うようです。

マッサージの場合の回転は何と毎分3500回転。

・・・凄いの?凄くないの?

 

他のアタッチメントに関しては、肌にダメージを負わせる可能性がある為毎分300回転程度に留めているようです。

って事を考えると、やっぱ毎分3500回転が生み出す力って凄まじいのかな。

 

水道使用量ってどうなの?

f:id:hyo-ta:20170615070638p:plain

シャワー時を100%とした場合、アタッチメント使用時の水道使用量は約60%になるようです。

う~ん!!どうですかねそこ!

60%もの水を使用するって、かなり痛くないですかね?

いくら電は使用しないとはいえ・・・。

 

だってマッサージとか何分かかります?

角質ケア機能もボディブラシ機能もするとなると、月間で考えると水道料金跳ね上がりませんかね?

公式にここらへんの統計データを算出して頂けるとありがたい!

 

気になるお値段 

ホワイトモデル/予定販売価格29,000円(税込)

シルバーモデル/予定販売価格34,500円(税込)

ただクラウドファンディングサイトから最大30%割引で購入できるようです。

Makuake(マクアケ)

 

今のところ購入できるのはこちらのサイトのみのようですね。

6月中にはご家庭に届くみたいです。

個数限定なのでお早めに!

 

まとめ

ほんと凄いものを開発したものです。

だってシャワーの流水を活かす、って考えなら普通は浴槽を洗うアタッチメント考えません?

それが1周してこの4約機能だもんなぁ・・・。

 

次は一体どんな次世代なシャワーが誕生するんでしょうか? 

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain