もう勝負ついてるから。

~次世代系社畜マガジン~

電子書籍用タブレットを購入するならiPad Proしかない理由。

「電子書籍」の画像検索結果

こんばんは、電子書籍によりタブレットのストレージがパンパンの氷太です。

電子書籍ってめっちゃ便利ですよね。

場所取らないし、持ち運びでかさ張る事もないですし、売り切れもない!

 

でもメンドクサイんですよ。

ダウンロードした際に、空き容量が足りなくって本消していくのって。

再ダウンロードは可能な訳ですし、読む時にだけダウンロードして、読んだらこまめに消して行けばいいじゃんって感じなんですが・・・。

ぶっちゃけ読みたい時にサクっと読みたいやん?

それが人間の性ってヤツやん?

今から電子書籍用にタブレット購入するならコレしかない!!

今使っているタブレット 

これです。

Xperia(TM) TabletXperia(TM) Z2 Tablet

「Xperia(TM) TabletXperia(TM) Z2 Tablet」の画像検索結果

一体何年前に買ったんやお前・・・

って感じの代物ですね。

しかもストレージ容量は32GB。

もうマジで容量がパンパン過ぎ。

富士山を登山した時に持って行ったポテチの袋くらいパンパンです。

 

この子、オレのスマホのキャリアがauだった時代に、抱き合わせて購入した物なんです。

薄い・軽い・防水と中々良く、性能面でも困った事はありませんでした。

でも画面端にオシッコが掛けられたように黄ばみが発生するのだけが難点。

 

圧力がかかると、どういう訳か黄ばみが発生するらしいです。

まあオレは特に気にはならないタイプ。

というかこれはこれで、なかなかどうして味わい深い。

前世おしっこだったのかな?シンパシー感じてるのかな?

 

電子書籍って、基本的に内部ストレージにしかダウンロードできません。

いくらSDカードで拡張できるとは言っても意味がないわけです。

写真や人に見せられないようなネットリとした画像なんかをSDカードに移行できる。

そういう容量の節約では確かに助かります。

ですが俺のように電子書籍を読む目的でタブレットを使用している人には暖簾に腕押しと言うもの。

 

1番見て行かなければならないのは何と言っても内部ストレージの容量な訳です。「内部ストレージ容量」の画像検索結果

ただ問題なのが基本的にタブレットって、どのメーカーも16GB・32GB・64GBが主流であるという事。

もっと容量欲しいならSDカードを使えよ^^

と言わんばかりのスタンスです。

 

シーザス!!ジーザスウウウウウッ!!

電子書籍ユーザーの事、何も分かっちゃいない!!

64GB購入しても、ストレスフリーな運用はできそうもありません。

 

「そんなに電子書籍って容量食うの?」

って思われるかもしれませんが、ハッキリ言いましょう。

めっちゃ食うに決まってんだろ!いい加減にしろ!!

 

ワンピース全巻だけでどんだけ容量使うと思ってるんですか?

1冊大体45MBだとすると・・・。

ワンピースだけで3.8GBも食ってる計算になるわけです。

尾田栄一郎・・・恐ろしい子やでぇ!!

 

あと雑誌、これがとにかく痛い。

1冊200MB超えるくらいはあります。

月に10冊くらいは雑誌購読しているので、非常に痛い。

 

とにかく漫画や小説や雑誌だけでなく、参考書やビジネス書まで読もうとすると32GBでは全然足りない。

 

電子書籍ユーザーが選ぶべきタブレット

  • タブレットでストレージが128GB以上のもの 

 

この1点に尽きます。

128GBあれば・・・やりくりはかなり楽になるハズ。

CPU・メモリ、この2つにこだわる必要性は全くありません。

だって、電子書籍に求められるスペックってめっちゃ敷居低いもの。

 

ストレージが128GB以上のタブレット

調べた結果、以下の3つが候補に挙がりました。

f:id:hyo-ta:20170615005551p:plain

  •  iPad Pro
  •  Surface Pro 4 SU3-00014
  •  ASUS TransBook Mini T102HA T102HA-128S 

 

全て上位モデルに256GBという鬼のようなストレージが存在するのがポイント。

個人的にAndroid端末が良かったんですけども・・・。

それはどうやら叶わないらしい。

 

Surface Pro 4 SU3-00014ASUS TransBook Mini T102HA T102HA-128Sは完全にタブレットPCですね。

iPad ProもタブレットPCの部類に入るんでしょうが・・・。

薄いし、軽いし、どう見ても既存のタブレットにしか見えません。

大体の人が今までのiPadと変わらず、タブレット運用になってくるのではないでしょうか?

 

あれ待てよ?

年始に購入したASUS TransBook 3 T303UAを電子書籍に活用すればいいのでは・・・?

 

と思いついたのですが・・・。

コイツは高性能過ぎて、バッテリーが3時間しか持たない。

 

それにPCとして運用する上でのデータ容量と、電子書籍読む為のタブレットとして運用するデータ容量が圧迫し合うのは非常にマズい。

やはり電子書籍用専用のタブレットは持っておきたい。

 

どうしようかな~、どれも上位モデルには256GBのストレージの物があるしな~。

電子書籍用のタブレットとして使用して行く上で内部ストレージの容量以外に考える事は・・・。

 

  •  持ち運びのし易さ
  •  耐久性
  •  バッテリー駆動時間

 

これらを考えると、どう考えてもiPad Pro一択。

ただiPad Proは高い。

それどころかタブレットPCだとiPad Proよりも安く、512GBという夢のようなストレージも可能。

 

まあ・・・でも・・・。

iPad Proの256GBが最もオレに合っているのかな・・・。

何て考えてたんですよ。

スタイラスペンで書き込みができるし、勉強にも活かせる。

 

でもどうにもスッキリしないモヤモヤがあった訳です。

どこかで妥協しているんじゃないか・・・?と。

 

買おう買おうとは思いつつも、ずっと先延ばしになってきたんです。

そんでたま~にiPad Proの情報を見てたんですよね。

そしたら気になる情報が。

 

iPad Pro、6月に新しいモデルが出るらしい。

 

でもまあどうせ安価版か上位版が出るんだろ?

と全然期待してなかったんですよ。

そしたら何と・・・。

ストレージが512GBが選択できるようになってるうううううう!!

 

新型iPad Proの仕様

f:id:hyo-ta:20170615015159p:plain

まずはモデルは2種類。

  •  10.5インチ
  •  12.9インチ

どう考えても10.5インチで良いんだよなぁ。

 

絵書いたりする人は12.9インチが良いんでしょうが、持ち運びと扱いやすさは10.5インチの方が上。

12.9インチではローズピンクは選べない模様。

その他性能面ではどちらも変わらない。

 

・・・どうせお高いんでしょ?

Appleだもの。

料金一覧がこちら。

12.9インチiPad Pro 10.5インチiPad Pro
Wi-Fiモデル Wi-Fiモデル
64GB 86,800円(税別) 64GB 69,800円(税別)
256GB 97,800円(税別) 256GB 80,800円(税別)
512GB 119,800円(税別) 512GB 102,800円(税別)
Wi-Fi + Cellularモデル Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 101,800円(税別) 64GB 84,800円(税別)
256GB 112,800円(税別) 256GB 95,800円(税別)
512GB 134,800円(税別) 512GB 117,800円(税別)

ヒイイイイハアアアアアアッ!!!

やっぱ高けええええええ!!

 

いや・・・!!でも・・・・!!

旧iPad Proからのお値段を考えると、この値段に抑えてくれた事を感謝すべきか・・・?

 

サイズや重量は?

12.9インチiPad Pro 10.5インチiPad Pro
高さ
305.7 mm
高さ
250.6 mm

220.6 mm

174.1 mm
厚さ
6.9 mm
厚さ
6.1 mm
重量(Wi-Fiモデル)
677 g
重量(Wi-Fiモデル)
469 g
重量(Wi-Fi + Cellularモデル)
692 g
重量(Wi-Fi + Cellularモデル)
477 g

 

あらやだ軽い、小指で持てそう!!

 

 

バッテリー駆動時間は・・・!?

Wi‑Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生:最大10時間

携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

 

ふむ・・・10時間あれば問題ないな。

 

オレのお目当てなのは10.5インチWi-Fiモデルのストレージ512GBタイプ。

そのお値段なんと102,800円(税別)

256GBなら80,800円(税別)か・・・。

2万とちょっとの差があるな。

 

だが・・・だがしかし!!

512GBあれば1万冊程の漫画が持ち運べる訳だ・・・!!

一体誰がそんなに読むの?

ああ、貴様の言うとおりだ。

グウの音も出ない。

だが少なくとも容量に怯える日々からは解放される・・・!!

 

f:id:hyo-ta:20170615023155p:plain

24回払いのローンで月々4600円。

24回までなら金利は0%・・・・!!

 

高い・・・!!

だがこれさえ買えば10年は苦労しないハズ・・・!!

f:id:hyo-ta:20170615023334p:plain

 

・・・・。

f:id:hyo-ta:20170615023546p:plain

 

・・・男だろ!!

ビシッと行ったれ!!

f:id:hyo-ta:20170615023417p:plain

f:id:hyo-ta:20170615035523p:plain

 

うわああああ!

コレで明日から納豆生活が幕を開けるぅっ!

ヒイイイイイハアアアアア!!

 

まとめ

電子書籍の為に512GBを選ぶのは完全に狂った選択です。

ぶっちゃけ128GBで充分。

欲を言えば256GBあればイイ。

512GBとかは動画でも入れるのかな?ってレベルですからね。

 

でも128GBを超える内部ストレージを持っているタブレットはiPad Proちゃんだけ!

頭オカシイ人は新型iPad Proの512GBモデルを選択しましょう。

それ以外の方は旧型のiPad Proで充分なハズです。

iPad Proはまず間違いなく、電子書籍生活を一変させる存在です。

さあ皆!勇気を出して購入するんや!

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain