もう勝負ついてるから。

~次世代系無職マガジン~

年配の部下達に振り回されるポンコツ上司に捧ぐ。

f:id:hyo-ta:20170514155845p:plain

皆さん仕事でお悩みの事ってきっと色々とありますよね。

幸い俺は仕事柄ノルマというものとは無縁の業務内容なので、差し迫るようなプレッシャーはないのですが・・・。

その分、対人関係の悩みが尽きません。

主に年配の部下との・・・ね。

申し遅れました。こんばんは、氷太です。 

 

年配者の特徴

f:id:hyo-ta:20170514175954p:plain

年配の方は、その年齢に相当する『経験』を持っています。

本来であれば過去に従事して来た職種がよほど畑違いでない限り、新卒の方々よりも知識・経験に優れているので即戦力足り得るハズなんです。

そして自信に満ち溢れている方が多いです。

「俺はやれるぜ・・・俺はやれるぜ・・!!」

無駄なくらい卓越した精神力を持っています。

 

だけどね、だけどもね。

年配者と共に業務を遂行していく事のなんと難しい事か・・・。

心折れそうになるぜ!!

 

年配者の働き方の問題点

f:id:hyo-ta:20170514180018p:plain

①話を聞かない

ほぼ100%当てはまり、かつ最も迷惑極まりない点がこの『話を聞かない』事。

上司として新米であった頃は「この世代の人でもツンデレっているんだな」なんて考えてたものでしたが、今ならハッキリと誤りだと言えます。

ヤツらはデレる事は絶対にねぇ!ただの頑固者だ!!

こちらの教えなど、過去の自身のキャリアから「言われなくてもその程度・・片腹痛いわ!」という感覚になるのかもしれませんが、郷に入れば郷に従えです。

その店店のやり方がある訳です。

今までのその経験が今まで通りに、これからの実務にそのまま活かせるハズないんですよ。

頑なに今までの自分通りのやり方を通そうとするのは単なる驕りです。

 

② 変化に弱い

これもオレが見てきた限りでは、どの年配者にも当てはまる要素です。

今までやってこなかった新しい業務に、年配者は拒絶反応を示します。

「そんなの今までやってこなかった!!」と。

「できるハズがない!!」と。

だから今一から教えてるんだろいい加減にしろよハゲ!!

といつも言葉が喉を通り越して舌付近まで来てます。

「言葉で分からないのならこうですよ!」と延髄切りかましたくなります。

ハラスメント行為なので勿論実行する事はありませんが・・・。

そういう人に限って履歴書を改めて見てみると

「どのような業務内容であっても粉骨砕身努力致します」のような字面が記載されています。

もう一度言う、いい加減にしろ。

 

③前時代的な思考

これが業務の足を引っ張るのは全体の2割・・・程度くらいですかね。

所謂『男は仕事、女は家庭』のような思考と言えば伝わるでしょうか?

サービス業はお客様の為に、あらゆる部分をしっかりと綺麗に清掃しておく必要があります。

以前一度、年配の方にトイレ掃除をお願いした所

「トイレ掃除なんて、女のする仕事だ。できる訳ないだろう!」

と拒否された事がありました。

f:id:hyo-ta:20170514182022p:plain

キレました。

指導する、教育する、ではありません。

完全にキレてしまいました。

「女性のすべき仕事か男性がすべき仕事か、役割が仮にあるとしてもそれを決めるのはお前じゃねーんだよ」的な事を言ったかと思います。

これは今でも反省してます。

もう無理やり力づくでやらせてしまいましたしね・・・。

 

それともう1つ。

女性のお客様が履き物を揃えない事に怒りを感じたのか、年配男性がそのお客様に説教を始めた事には流石にビックリこきましたね。

何をしでかすか本当に分からない。

何でも有りなんだなこの世代は。

アルティメット・エイジとでも呼ぼうか。

 

④体力がない

これは仕方ない、分かってるんです。

20代、30代の子よりも体力あったら、逆に若い奴らのスタミナどんだけねーんだよ!って話ですからね。

ただ休憩を好き勝手に取り始めるのは意味が分からない。

「休憩を適度に取った方が効率が良くなる」という言い分は理解できる。

だけど休憩した時間分の作業を取り返す事できないでしょう?

「では貴方の休憩分の給料は差し引かせて頂いて宜しいですか?」

と聞くと断固として拒否するその姿勢。

嵐の中しっかりと根を張りビクともしない大木のようなその根気を、是非お仕事に活かして頂きたいものです。

他のスタッフは働いているんですよ?

でも貴方は休憩しているんですよ?

何故同じ給与が発生するんですか――?

 

これも不思議と履歴書見ると「体力には自信あります」的な事書かれているんですよね~・・・。

ほんと不思議、こういう現象なんていうんでしょうか。

年を重ねると自分の弱い部分を長所と置き換えてしまうようになってしまうんでしょうか?

 

年下上司としての心境

まさにファイアーエムブレムのジェイガンを育てているような感覚です。

f:id:hyo-ta:20170514185259p:plain

ただでさえレベルアップさせるのにも大変なのに、全く各パラメーターが育たない。

「あ~今日は1ピンだけども成長した~、良かった~。」

そんな感じです、そんなレベルなんです。

 

ちなみにこちらがレベル最大になったジェイガンです。

f:id:hyo-ta:20170514203929p:plain

全然強くなってないじゃないか!!(白目

 

とはいえゲーム内でのジェイガンは序盤とても頼りになるので愛着も持てますが、現実のジェイガン達は

  •  向上心がない
  •  自分が合わせようとする意識がない
  •  自尊心ばかりが無駄に強い

と己のやりたい事をやりたいようにする我の強さを持ち合わせているので、愛を持って接する事ができずにいます。

突如始まるお喋り大会、繰り広げられる奇行、度重なる理解に苦しむ反発・・・。

オレの寿命がストレスでマッハ状態です。

教育係りじゃなくって介護係りじゃねーか!!

 

だけど本当1番ポンコツなのって・・・?

原因は何であれ、責任は上司にあります。

つまり・・・、つまりですよ。

部下を制御できない上司が最もポンコツなんじゃないでしょうか?

部下のレベルは、そのまま上司としてのレベルを表していると考えられるのではないでしょうか?

この場合、最もポンコツなのは上司であるオレになってくるんですよね・・・。

レベルが低いな~、全然成長しないな~・・・。

常日頃からそう考えてます。

物凄くストレスが溜まります。

他の若いスタッフからの苦情や社長からの苦情もあって板挟みにもなります。

ですがこれ仕方ないんです。

自分が上司としてレベルが低いし成長してないんですから。

本当のジェイガンは自分なんです。

分かってる、分かってるんですが・・・。

打開策が見つからない。

最適な扱いが分からない。

コミュニケーションを取るのも難しい・・・!!

そこで自分は年配者の方々を完成品と考えるようにしました。

今従事している仕事の中での成熟度では勿論ありません。

人間性が出来上がってしまっていて、もう変える事ができない存在。

そういった意味合いでの完成品という事ですね。

なので現在では変化を求めず、向いていると感じた業務のみをひたすら遂行して頂くようにしております。 

前述したとおり、年配者のやりたい事を自分のやりたいようにする性質をポジティブに捉えた訳です。

勿論可能性は求めない以上、今やって頂いている数少ないお仕事のクオリティは保って頂いておりますが、これすらできない場合は排除の申請を上司に提出させて頂いております。

もぅマヂ無理。。。ぃみゎかんなぃ。。。。

 

まとめ

右も左も分からない若い新人の子を育てる事の方がよほど簡単なんですよね・・・。

少なくとも、こちらの指導をひとまず吸収してくれますし

こんな画像を見せる事で仲良くなれたりしますしね。

f:id:hyo-ta:20170514200701p:plain

いや~ほんと川越シェフには頭向けて寝れません。

本当に川越コラにはお世話になってます。

 

若い子達はこちらの思い描く流れを理解して、乗っかってくれるのが本当にありがたい。

f:id:hyo-ta:20170514200854p:plain

 

とはいえ、少なくとも年配の方々と接する上で大切なのは

  •  今までの経験を否定しない

これが最も大事なんじゃないかと思います。

かわいくないけど手がかかりますが、現在行っている業務の中で居場所を見つけ輝いて貰えるような努力をしていきたいと考える今日この頃でした。

f:id:hyo-ta:20170616111031p:plain